協会について Itoshima City Internatinal Exchange Association(IIEA)

~糸島市国際交流協会の紹介~

糸島市国際交流協会は、2010年1月に市町村合併により糸島市が誕生したことに伴い、名称を改め、新しい団体としてスタートしました。

前身である前原市国際交流協会は、民間主体の交流を推進し、国際的で魅力ある文化都市の創造に寄与することを目的として、1997年4月18日に設立しました。

その後、市民が中心となって、地域における各種国際交流事業をはじめ、友好団体である大韓民国金海文化院や市の友好都市である中華人民共和国上海市青浦区にある人民対外友好協会との交流などを続けています。

今後も九州大学の留学生や市内日本語学校で学ぶ留学生との交流や会員間の親睦などを通じ、会員の国際感覚の育成や地域の国際化につながる活動を進めていきます。


国際交流協会マーク<< 協会シンボルマーク

糸島市国際交流協会発足にあたり、新たに制定されたシンボルマークです。
糸島の「い」「と」をモチーフにデザインされています。赤い円は、情熱のある国際交流を象徴しています。

 

 

Itoshima City Internatinal Exchange Association(IIEA) started its activities as a brand new organization in accordance wih the birth of Itoshima City when Maebaru City and towns of Nijo and Shima were consolidated in January 2010.

Maebaru City International Exchange Association ,the predecessor of IIEA ,was established in April 18,1997 for promoting international exchanges of citizens of Maebaru and contributing to make the city internationally and culturally more attractive.

The association ,run by citizens of Maebaru , had carried out various international activities at the individual-level , such as exchanges with the Gimhae Cultural Center of the Republic of Korea and the Friendship Association with Foreign Countries in Shanghai`s Qingpu District of the People`s Republic of China.

IIEA takes over those international projects and further promotes its activities to enhance the internationalism of members of the association and to globalize the local area by communicating with foreign students at the Kyusyu University and a Japanese language school in Itoshima City.